妊娠中 葉酸不足 リスク 赤ちゃん 影響

葉酸不足が赤ちゃんにおよぼす影響は?※効果的な葉酸の取り方をご紹介※

 

 

 

「葉酸が足りないと、赤ちゃんが奇形になるってホント?」
「どんな食べ物を食べれば葉酸を摂れるの?」
「偏った食生活だし、ちゃんと葉酸が取れていないかも・・・」

 

最近、育児雑誌や子育て情報サイトなどで「葉酸」という言葉をよく見かけるようになりました。妊娠中は葉酸が必要と聞いて、自分の食生活が気になっている妊婦さんも結構多いのではないでしょうか。

 

葉酸はビタミンBの一種で、ヒトの細胞の発育に必要な栄養素です。葉酸は読んで字のごとく葉もの野菜に多く含まれる栄養素で、果物や、豆類、レバーなどにも含まれています。

 

とくに、細胞分裂が盛んな胎児期には葉酸が多く必要とされ、妊娠前〜妊娠中にかけて摂取した方が良い栄養素とされています。

 

お腹の赤ちゃんの神経が出来上がるまでの時期(妊娠3ヶ月ぐらいまで)に十分な葉酸を摂っておくことで、「無脳症(死産・流産)」や「二分脊椎症(歩けない)」といった神経に係わる先天性の病気が起こるリスクを下げる効果があるといわれています。

 

妊娠中の葉酸不足のリスクは?

妊娠中の葉酸不足のリスクは、お医者さんによっても色々な意見があります。

 

食事によって奇形を起こしたり胎児に影響が出る可能性は低いので、あまり心配せずに、つわりの時期は食べられるものを食べて、安定期に入ったら栄養バランスの良い食事を心がけていればよいという意見もあります。

 

一方、血液中の葉酸濃度が低いことが、胎児が神経管閉鎖障害を起こす原因の一つであるという報告もあるので、葉酸は必ずとるべきという意見の方もいました。アメリカ等では妊婦に積極的に葉酸を摂取させています。

 

どちらにしても、葉酸が神経管閉鎖障害のリスクを下げる効果があることから、妊娠中に、葉酸は是非摂ってておきたい栄養素であるという点は共通しているようです。厚生労働省も妊娠中は、1日0.4mg(=400μg)の葉酸をサプリメント等で摂るように推奨しています。

 

神経管閉鎖障害の再発を72%防止!
1991年のイギリス医科学研究所ビタミン研究グループの研究では、神経管閉鎖障害の赤ちゃんを妊娠した経産婦に、1日当たり葉酸サプリメント 4 ミリグラム(=4,000 マイクログラム)を妊娠前 4 週から妊娠 12 週まで投与したところ、神経管閉鎖障害の再発が、葉酸を投与しなかった対照群に比べて72%防止されるとした報告もあります。

 

妊娠7週目までは特に重要!

葉酸を摂る期間ですが、胎児の脳、または脊髄の基礎「神経管」が作られる妊娠7週目にかけてはとりわけ大切で、この時期に葉酸が足りないと、「神経管閉鎖障害」とされる「二分脊椎(歩けない)」や「無脳症(流産・死産)」のリスクが高まります。

 

葉酸の摂取時期は、妊娠する1か月前から妊娠3ヶ月までが推奨期間となります。

 

それ以降も、葉酸を摂り続けることで早産、胎児発育遅延、常位胎盤早期剥離、妊娠高血圧症候群など産科合併症のリスクが低くなる可能性があるとされていますので、出産まで継続するとよいでしょう。貧血対策という意味でも葉酸は有効のようです。

 

葉酸の摂り過ぎのリスクは?
葉酸はビタミンB群のひとつで水溶性のビタミンです。葉酸の摂取は極端な使用量でなければ問題はありません。過剰分は尿の中に排出されてしまうので過剰摂取に対して敏感になる必要性はないと考えられています。ただし、厚労省は医師管理下にない過剰摂取もよくないので最大でも1mg(=1,000μg)/日までにするようにという注意喚起をしています。

 

葉酸を食事からとるには?

ふだんの食事で、葉酸が多く含まれる野菜や果物、豆類などをバランスよくとることが大前提です。和食は葉酸が多く含まれているのでオススメです。

 

葉酸は、赤ちゃんの成長だけでなく、妊娠中毒症や貧血の予防・改善、マタニティブルーなどを防ぐという見方もあるので、妊婦さんには欠かせない栄養素といえます。

 

葉酸は以下の食べ物に多く含まれています。

 

葉酸を多く含む食品一覧

  • ほうれん草(210μg)
  • モロヘイヤ(250μg)
  • ブロッコリー(210)
  • 枝豆(320μg)
  • アスパラガス(190μg)
  • 春菊(190μg)
  • からし菜(310μg)
  • 鳥レバ(1300μg)
  • 牛レバ(1000μg)
  • 卵黄(140μg)
  • うに(360μg)

※カッコ内は100g当たりの葉酸の含有量。

 

妊娠中は0.4mg(=400μg)が推奨量なので、案外簡単に取れそうですが、毎日一定量をこれらの食品から摂取するのは大変かもしれません。例えば、ゆでたほうれん草だと、毎日約800g(4束)も食べる必要があったりします。(理由は後述します)

 

「ポパイじゃあるまいし、毎日そんなに食べるのはムリ!」

 

という方は、妊婦さん向けに開発された葉酸サプリメントがオススメです。実は厚生労働省も400μgの必要量を摂取するため、食事に加えサプリメントを積極的に利用するよう奨励しています。

 

厚労省が葉酸サプリを推奨する理由とは?

厚生労働省の通達では、“サプリメントでの葉酸摂取”を積極的に推奨しています。

 

これはなぜかというと、食事から摂る葉酸は吸収率が低く、加熱調理すると食べた量の25%程度といわれているからです。元々、食べ物に含まれる葉酸は熱に弱く水に溶けやすいという性質があります。加熱調理で多くが失われる上、体内の酵素によってモノグルタミン酸に変わって吸収されることも、食事からの葉酸の吸収率を下げるといわれています。

 

それに対して、サプリメントの葉酸は吸収率が優秀で約85%とされています。 普段の食生活のみで望ましい量の葉酸を摂取することは限界があるという理由で、厚生労働省では食事に加えてに1日400マイクログラムの葉酸をサプリメントで摂ることを薦めているという訳です。

 

普段の食生活では、必要な葉酸が摂れていないと感じる方、特に妊娠を計画している、もくは妊娠している方は、サプリメントなどで不足している葉酸を補うという方法を検討したほうが良いでしょう。

葉酸不足を解消する葉酸サプリ

妊娠中の葉酸不足を補うのに、オススメの葉酸サプリをまとめてみました。
お腹の赤ちゃんにも安心なものばかりなので参考にどうぞ。

 

オーガニックレーベル葉酸サプリ  ※当サイト一押し!

オーガニック葉酸サプリがオススメの理由は?

  • 自然な食品に近い100%天然由来の葉酸サプリ!
  • 1日2粒で葉酸やミネラル、ビタミン、食物繊維も補える!
  • つわりの時も飲みやすいサイズ!飲みにくいニオイもなし!
  • ウレシイ初回無料!だからオトクです!

 

>>「オーガニック葉酸サプリ」で葉酸不足を解消する!

商品詳細 お勧め度

オーガニックレーベル葉酸サプリは、天然由来の成分を使った自然派の葉酸サプリメントです。

 

オーガニックという名前の通り、保存料や着色料などの添加物を使わない製法にこだわったサプリメントになります。オーガニックレーベル裏面の原材料名をみると一切余計なものは書かれておらず、サプリでは珍しい100%天然由来となっています。

 

厚生労働省が妊娠前後に摂取を奨めている「400μg/日」に加えて、カルシウムや亜鉛、鉄、マグネシウムなどのミネラル分、ビタミンB6、B12、食物繊維などを、サプリメントとはいえ食品に近い自然な形で摂ることができます。

 

初回分は無料プレゼントになってますし、まずは試してみると良いでしょう。

 

 

 

ベルタ葉酸サプリ

ベルタ葉酸サプリがオススメの理由は?

  • 400μgの葉酸に加えて27種類のビタミン・ミネラルが取れる!
  • BELTAこだわりの美容成分入り!妊娠中もキレイでいたい方に!
  • 出産経験のある社員スタッフがサポートしてくれる!

 

>>「ベルタ葉酸サプリ」で葉酸不足を解消する!

商品詳細 お勧め度

ベルタ葉酸サプリは、妊娠前・妊娠中・授乳中でも安心の無添加葉酸サプリです。通販サイトのランキングでもNo1になっている売れ筋ではダントツの葉酸サプリメントです。

 

妊娠中や授乳中のBELTAユーザーの生の声から生まれた天然型酵母100%の葉酸を配合していて、成分も安心安全・高品質、最大限に配合されています。

 

ベルタ葉酸サプリは愛用者が多く、たまごクラブなどの雑誌やブログで掲載されることも多いので名前を知っている方も多いかと思います。芸能人では、2014年に出産した山本モナさんや春名亜美さんも飲んでいたりします。

 

 

 

美的ヌーボプレミアム

美的ヌーボプレミアムがオススメの理由は?

  • 100%天然成分を使った自然由来の葉酸サプリ!
  • モンドセレクション金賞を受賞した実力派サプリ!
  • 葉酸以外に、DHA・EPA、マルチビタミンなど27種の栄養素!

 

>>「美的ヌーボプレミアム」で葉酸不足を解消する!

商品詳細 お勧め度

美的ヌーボプレミアムは、天然素材100%のカラダに優しい葉酸サプリです。モンドセレクション金賞を2015、2014、2012年度に取得した実力派のサプリメントになります。

 

厳選された自然野菜などからの栄養素を凝縮し、化学合成の成分を含んでいないため、食事からとるのに近い形で栄養素を摂ることができます。但し、100%天然素材を使っているので若干値段は高めになっています。

 

東尾理子さんや、中村江里子さんも愛用していて30代以降の愛用者が多いようです。栄養成分が29種と多いため、肌のトラブルが多い方や、疲れがスッキリ抜けない方、髪のツヤやパサつきなどが気になる方にもお勧めです。

 

 

 

ベジママ

ベジママがオススメの理由は?

  • 妊活成分がすべて入ったオールインワンサプリ!
  • 葉酸・ルイボス・新成分ピニトールが1つで摂れる!
  • 初回50%オフ!全額返金保証付き!

 

>>「ベジママ」で葉酸不足を解消する!

商品詳細 お勧め度

ベジママは、専用の野菜工場で育てたアイスプラントという野菜から作られている葉酸サプリメントです。原料のアイスプラントが、完全閉鎖型の植物工場で作られていて、農薬不使用の安心で安全です。

 

アイスプラントは、生活習慣対策としても注目されている野菜で、葉酸だけでなく、ピニトールという新成分を始め、ルイボスやビタミン、ミネラルを摂ることができます。

 

妊活のオールインワンサプリですので、ベジママを1本だけ飲んでおけば、たくさんのサプリメントを飲まなくても大丈夫です。